口腔外科(親知らず)

親知らずや顎関節症、口内炎になど、それぞれのトラブルの原因に応じて適切な処置を行って問題を解消していきます。特に親知らずは患者さんの状態によって、治療方針が大きく異なります。

親知らずはまず相談

親知らずはまず相談上下左右計4本ある親知らずのうち、現代人では3割の人がすでに歯の芽が1本以上先天的に欠如しています。現代人において歯列とみなされるのは、通常、親知らずの1本手前の第2大臼歯までです。20歳前後になって最後に生える親知らずは、機能しない不要な歯となっています。

第3大臼歯や智歯とも呼ばれ、原始人の頃には正常に使えていた親知らずですが、火を使い軟らかいものしか食べなくなった現代人は顎が小さくなっているのです。

スペースがなくなったために大部分は顎骨の中に埋伏したり、一部のみ萌出したりします。機能しなくても静かにしていてくれればいいのですが、さまざまなトラブルを起こすことも多くあります。そうした問題は原因となっている親知らずの抜歯が根本的な治療として必要とされることがほとんどです。

親知らずが健全に存在し、将来の歯の移植などにも使える場合がありますが、まずは歯科医師の診断が必要です。

親知らずの安全・確実な抜歯に必要なこと

治療親知らずの抜歯は歯医者であれば一般的な処置ではありますが、実は事前の診査診断をしっかり行わないと、思わぬリスクが生じることもあります。親知らずは下の顎など太い神経と血管が走っている骨の近くにあるため、抜歯の時にもし神経などを傷つけてしまうと、神経に影響を与えるリスクが高くなるのです。しびれや麻痺が生じてしまったり、多量の出血が起こることもあり得ます。

非常に難しい症例などの場合は、当院が信頼する提携病院などもご紹介させていただきますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

親知らずを抜歯する基準とは

歯痛

さまざまな状況が患者さん一人ひとりに考えられます。親知らずは必ずしも抜かなくてはいけないというわけではありません。親知らずが残しておくと将来、入れ歯やブリッジの土台として使ったり、どこかの歯がだめになった時に移植できる可能性もあります。

まずは医師とご相談しながら、現状把握、親知らずを抜歯する場合のメリットとデメリットを理解しましょう。

親知らずを抜歯するメリット/デメリット

メリット
  • ブラッシングがしやすくなって清潔さを保ちやすくなり、虫歯・歯周病の予防につながります
  • 親知らずの抜歯によってお口の中が清潔になって、口臭が改善されるケースもあります
  • 親知らず生えてくると他の歯に力に加わって、歯並びが崩れることがありますが、そうした心配がなくなります
デメリット
  • 治療後、数日腫れがでます
  • 約1か月間ほどで塞がりますが、抜歯で空いた穴に食べ物が詰まることがあります
  • 隣接する手前の歯がしみることもあります

顎関節症の治療

就寝顎関節症の治療はスプリントを利用した治療法が最も一般的です。

歯列の型をとって、患者さん専用のマウスピースのようなスプリントをつくり、上下どちらかの歯列にはめることで、関節の負担が軽減される効果が期待できます。

基本的には夜寝ている時に使用しますが、食いしばりが一日中ある方など、患者さんによっては日中も使用していただくケースがあります。

当院ではこうしたスプリントを利用した治療法のほかにも、以下のような治療法も行なっています。こうした治療でも完治しない場合は、稀に外科的な処置が必要な場合もあります。

  • 開口訓練やマッサージ
  • 無意識に顎へ負担をかけている行動や習慣を自分で認識して修正する行動認知療法、炎症を抑制する薬や、筋弛緩剤、消炎鎮痛薬、ストレスによる歯ぎしりを軽減を目的とした抗不安薬など

顎関節症は日々の積み重ねによって引き起こされます。お悩みの方はぜひ当院へお越しください。

口内炎の治療

口内炎口内炎は口の中や舌の粘膜に起きる炎症のことですが、引き起こされる原因によっていくつかの種類に分類されます。細菌やウイルスの感染による口内炎や、ストレスやビタミン不足などによって生じる口内炎まであり、治療法もそれによって変わることがあります。

口内炎の原因を検査によって特定し、原因に対して適切な治療を行います。