一般歯科

むし歯は治療を繰り返したり、長く放置することで歯を失う原因になります。生涯にわたり健康で快適な生活を営むには早期発見と治療が大切です。少しでも長く健康な歯を維持するための当院の取り組みを紹介します。

痛くなってからでは遅い、むし歯の早期治療の大切さ

痛くなってからでは遅い、むし歯の早期治療の大切さむし歯は口腔内に生息するむし歯の原因菌が、糖分を分解して排出される酸によって、歯が少しずつ溶かされていってしまう病気です。比較的、身近なお口の病気であるだけに、ついつい治療を先延ばしにしてしまう傾向もありますが、むし歯は自然治癒することはなく着実に進行していってしまいますので注意が必要です。

冷たい物が歯にしみたり、歯が痛むといった症状はむし歯の代表的な症状です。歯がしみる場合は知覚過敏などでも引き起こされますが、実際にこのような自覚症状があるむし歯はすでにかなり進行してしまったもので、そのため、むし歯治療ではあくまでも早期の発見と治療が大切になります。

むし歯が悪化してしまうと、歯科治療によってむし歯部分を取り除かなければ完治させることはできず、歯の寿命を縮めることにつながってしまいます。しかし、ごく初期の段階のむし歯、歯の表面の硬いエナメル質の成分が溶け出している「脱灰(だっかい)」という状態のむし歯であれば、「再石灰化(さいせっかいか)」を促すだけで治癒させることもできます。

当院の痛みを軽減する治療

当院の痛みを軽減するための取り組みをいくつかご紹介いたします。

「塗る麻酔薬(表面麻酔)」で痛くない麻酔注射の準備をします

表面麻酔麻酔を行えば治療中の痛みも感じられなくなりますが、歯科治療の場合、針を刺した時のチクっとするような痛みや、鈍い痛みを伴う麻酔注射自体が苦手という患者さんも非常に多くいらっしゃいます。

当院では麻酔注射の前にジェルタイプの塗り薬や貼り薬を使って、こうした麻酔注射の際に感じられる痛みを大きく低減させています。皮膚や粘膜の表面から浸透していくものなので当然痛みはありません。身体にもやさしい安全なものですので、ご高齢の方や小さなお子様まで安心して使用することができます。

「極細の針」を使用しています

超極細の針鍼治療で用いられる針が痛くないのと同じ原理で、極細の針は刺した際の痛みが軽減されます。表面麻酔の塗布に加えて、極細の針を使用することで、痛みを極力抑えた麻酔注射を行うことができます。

一部の外科処置を除き、多くの歯科医院でこうした超極細の注射針の使用が普及していますが、当院も例外ではありません。

痛くない方法で、痛くないポイントへ麻酔を打ちます

注射器腕などの場合でも、注射の際に感じられる痛みの感覚は、針の太さだけでなく、深さや針を刺すポイントによって当然変わってきます。

お口の中でも痛みを感じやすい部位と感じにくい部位があり、歯科治療の麻酔注射の際には、そうした痛みを感じにくい箇所の薄皮一枚に針を刺し、ゆっくりと一定のスピードで麻酔液を注入するようにして、麻酔の効果を表面からより深いところへと浸透させていくことが大切です。

当院は患者さんが感じる痛みを最小限に抑制するよう常に配慮しており、歯科医師の経験と技術によって、痛みを感じにくい場所に的確な方法で麻酔を行うことができます。

麻酔液を常温まで戻します

ホワイトニング麻酔液の温度も痛みや不快感に影響を及ぼします。当院では麻酔液を常温まで戻すことで、麻酔液が侵入する際に感じられる痛みや違和感をできるだけ感じにくくさせています。

人肌よりも熱かったり、冷たかったりすると、体がびっくりして反応してしまうため、麻酔液を人肌により近づけるといった工夫をすると、痛みが軽減されるといわれています。

『リラックスできる環境』を大切にしています

痛みの強弱には心理的で感覚的な要素が大きく影響しています。緊張状態ではより強い痛みを感じやすくなってしまう一方、リラックスした状態なら痛みを感じにくくなる傾向があります。

痛みを軽減する治療には患者さんがリラックスできる環境が必要不可欠なため、当院では明るい空間づくりや、治療中のちょっとしたお声かけなどのコミュニケーションといった雰囲気づくりを大切にして、リラックスできる環境をご提供しています。

できる限り天然歯を削らない治療

当院は持って生まれた歯を守るために、可能な限り歯を削らずに、生涯にわたって神経を残すための工夫を徹底して行っています。治療法や技術は進化してきたものの、天然歯に勝る歯はこの世に存在しないのが現状です。

天然の歯は一度削ってしまうと元に戻ることはなく、治療を繰り返して歯を削れば削るほど、歯の削る部分がどんどんなくなっていき、最終的には抜歯という選択も考えられます。むし歯治療はしっかりとむし歯の治療を行うのと同時に、歯の寿命は縮めないなるべく削らない治療が大切なのです。

極小ドリル「MIバー」の利用

MIバーむし歯の治療などで歯を削る場合、バーと呼ばれるドリルを使って削っていきます。しかし、このドリルが大きいと必要のない部分まで削ってしまいますので、できるだけ極小のドリルを使い、削るべき歯だけを適切に削ることが大切です。

「歯をできるだけ削らずに治療を行おう」という考えから誕生したMIバーを使用すれば、問題のない歯をより多く残しながら治療が可能です。

削る量を最小限に抑える「スプーンエキスカベーター」

エキスカ

むし歯に侵された部分の歯は、非常に柔らかくなっているので、ある程度の部分までドリルを利用すれば、手でも除去することが可能です。

ドリルを用いてむし歯に侵された部分を一気に削っていく従来のむし歯治療は、治療時間が短いというメリットもありますが、それでは本来は削るべきではない健康な部分まで、無駄に削ってしまうリスクが高まります。

当院では歯を削る際、最後の仕上げの段階で「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用し、「手の感触」で虫歯の状態やむし歯菌に感染した部分をしっかりと見極めながら削る工程を踏み、丁寧にむし歯を除去していきます。手作業なだけに、通常の場合よりも多少の治療時間を要しますが、健康な歯を可能な限り残すための当院の取り組みの一環とご理解ください。

5倍速コントラアングルの利用

5倍コントラアングル歯を削る際の「キュイーン」という音が苦手という患者さんには、不快な音を抑えた5倍速コントラアングルという選択肢があります。音が苦手、怖いと感じられる方はご相談ください。

歯を削る量を最小限に抑えられる

これまで広く用いられてきたコントラアングルより5倍速いコントラアングルとなっていますので、歯を削る際にどうしても生じてしまうブレを最小限に抑制することが可能です。より正確なコントロールができるので、それだけ歯の削る量もより少なくすることができます。

歯を削る時の「キュイーン」という音があまり出ない

歯医者さんに特有の“キュイーン”という音がイヤで、歯医者さんに苦手意識を持たれている方も珍しくありません。5倍速コントラアングルならこうした不快な音を最小限に抑えられますので、患者さんに余計な恐怖感や不安を抱かせずに治療を行うことができます。

振動による不快感が少ない

5倍速コントラアングルは回転数が速いため振動が少ないという特徴もあります。歯を削る時の振動は痛みや不快感につながってしまいますが、そうした振動を抑制するのです。そのため、5倍速コントラアングルによる治療では、麻酔をしなくても痛みを感じずに治療が行えるケースもあります。

予防歯科の勧め

健康な天然歯の量を維持するためには、むし歯の予防をしっかりとすることがもっとも理想的と言えます。当院は定期検診や専門的なクリーニングなどによるメインテナンスの大切さを丁寧に説明しており、むし歯予防に対する取り組みも重視しています。

患者さんがむし歯になってしまった原因をヒアリングなどで特定していき、生活習慣なども含めた改善方法などについてアドバイスを行っていくことが、健康への第一歩です。

エンドモーター

エンドモーター

当院では、患者さんのお口の状態によって、反復回転運動搭載エンドモーター「トライオートZX2」を使用しております。

複雑な形状の根管も治療できる最新の根管拡大装置です。さまざまな角度から反復運動を繰り返すことで、狭く小さい歯根の先まで治療を行うことができ、根管の拡大と形成を実現します。比較的短い治療時間で済む上、次世代の治療器具NiTiファイルシステムにも対応しているなど、高い治療効果を期待できる機器です。

ダイアグノデント

虫歯の診断はレントゲンや探針、肉眼でのチェックが普通でしたが、当院ではレーザーによる虫歯探知器を導入いたしました。ダイアグノデントにより、虫歯の進行度が数値でわかるようになりましたので、削らなければならない場合、経過観察で良い場合などの判断を、より正確に行うことができます。