入れ歯

入れ歯の治療は保険が適用できるものから自費のものまでさまざまな種類があり、初めての方などは戸惑う方も多いかと思います。当院はそれぞれのメリットとデメリット比較検討した上で、患者さんのご希望に最も沿ったものをご提供します。

当院の入れ歯治療の特徴

患者さんのお悩みやご希望に沿った入れ歯作り

自費の入れ歯は保険適用内の入れ歯のように使える素材や設計に制約がないため、保険の入れ歯ではどうしても実現できない薄さや耐久性、熱の感じ方を備えています。
とはいえ、いくら自費の入れ歯が優れているとは言われても、入れ歯を実際に使用したことがない方は、違和感や快適さにどの程度の差があるかわからず、お悩みになる方も多いかと思います。そうした方にはまずは「保険」で入れ歯を作ってみることをおすすめします。入れ歯の治療はほとんどの場合、残った歯の治療を行って、その後に入れ歯の製作に移るといった流れになっています。
「保険」と「自費」の違いをご理解・体感していただくと、作り直す場合なども自費の入れ歯をその後も選択し、長年愛用していただくことがやはり多い傾向はありますが、当院では保険の入れ歯でも安心してご使用いただけるよう製作しております。

金具の見えない部分入れ歯(自費)

ノンクラスプデンチャー保険の部分入れ歯は、残っている天然歯に金属のバネをかけて、食事の時でも動かないように固定しており、この金具によって歯茎への食い込みや不意に外れてしまわないように固定する構造になっています。どうしても金具を前歯にかける必要がある場合などは、笑ったときなどにどうしても目立ってしまうため、人目が気になって部分いればを入れることができないという風にお悩みの方も多くいらっしゃいます。

しかし、金属のバネの代わりに特殊な樹脂を用いることで、歯茎の色と馴染む部分入れ歯を作ることもできます。こうした部分入れ歯でも噛む際に負担が加わる部分には丈夫な金属入れ歯を組み合わせますが、外からは見えないように内側に使用しているので安心です。こうした部分入れ歯は特に残っている天然歯がしっかりとしていて、大掛かりな治療を希望していないという方にはおすすめです。

入れ歯の修理対応

入れ歯は壊れてもほとんどのケースで入れ歯その場で預かって、すぐに修理を始められます。

入れ歯が割れた、バネが折れた、残っていたご自身の歯が抜けて、入れ歯に歯の継ぎ足しが必要になったといった場合でも、修理がすぐにしやすい点は入れ歯のメリットと言えるでしょう。入れ歯のない期間がなく元通り食事が可能です。見た目の印象を大きく影響を与える前歯を抜いた場合でも、すぐに歯を足す増歯ができます。

「噛めればいい」か「よく噛めるか」

食事入れ歯をつくるときには「噛む」という視点から慎重に考えるのがポイントです。単に噛めればいいではなく、しっかりとよく噛めるということを大切にすれば、全身の健康維持・促進に良い影響を及ぼします。

何よりも大きな点はお口の健康は全身の健康に直結しており、しっかり噛めないことで全身の健康を損ないかねないということです。しっかり噛めなくなると脳に刺激が伝わらなくなり、脳の活性化、ストレス解消、生活習慣病の予防などといった、非常に重要な身体の働きが妨げられるようになってしまいます。しっかりと噛むことが心身の健康を支えているといっても言いすぎではありません。たかが口の問題と噛むことを疎かにしていると、将来的に健康を大きく損ない、健康寿命を縮めてしまうことにもつながります。

また食べることは、私たちが生きていく上では欠かせない行為であり、日常生活では大きな楽しみのひとつとなっています。しかし、いままで当たり前のように噛んで味わっていた食事が、思うようにできなくなってしまうと、毎日毎食のことだけに想像以上に大きなストレスとなります。実際、「噛みにくい」「味や温度を感じにくい」という状態になってしまっては、食事の楽しみや日々の活力が半減してしまうのも無理はありません。

逆に年齢や性別を問わず、しっかり噛むことができれば、以下のような効果を得られます。食事で意識的に噛む回数を増やすことは、健康長寿の秘訣のひとつにも挙げられているのです。よく噛んで健康になる意識を持ちましょう。

脳の活性化

脳の中のさまざまな領域が噛むという刺激によって活性化します。特にご高齢の方ほど顕著に活性化することがわかっており、認知症予防などにも有効です。活性化される代表的な領域は、思考、意欲、創造、喜怒哀楽、コミュニケーションなどを司る働きをする前頭前野(ぜんとうぜんや)や、記憶に関わる海馬(かいば)といった領域です。前頭前野は人間らしさ全般を司る領域で、ここが活性化すると充実した社会生活を送りやすくなったり、海馬が刺激されると記憶力に良い影響を与えるとされています。

ストレスの解消

脳の扁桃体と前頭前野はストレス耐性を左右します。扁桃体と前頭前野の神経活動はストレスを受けると活発になりすぎてしまいますが、よく噛むという行為にはストレス解消効果があり、そうした脳の神経活動や反応が抑制されて、ストレスによるダメージを受けにくくなるのです。

肥満など生活習慣病の予防

生活習慣病にもよく噛むことは大きな影響を与えます。

食習慣が要因となって生じる生活習慣病で代表的なものに肥満があります。肥満はほかの生活習慣病の原因にもなり、健康のためには予防と解消に努めることが大切ですが、肥満の予防・解消のポイントはしっかりとした咀嚼です。噛むことで脳にある満腹中枢や摂食中枢を刺激し、食欲を抑制できます。少量でも大きな満腹感が得られる上、消化も助けられるので肥満の予防にたいへん効果的です。

とりわけ内臓の周りに脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満というタイプの肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の原因となるもので要注意です。それらを発症すると動脈硬化になるリスクが高まり、さらには直接命に関わる脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気を招きます。脳梗塞や心筋梗塞は日本人の死因の約3割を占めるとされる病気です。

当院の調整だからこそできる精確な入れ歯

当院の調整だからこそできる精確な入れ歯当院では保険内の入れ歯から自費の入れ歯まで、さまざまな素材、さまざまなタイプのものをご提供できます。

お口の中の状況は日々変わっていきます。現在お使いの入れ歯が合わなくなってきたなど使い勝手にご不満のあり、新しい入れ歯などを検討されている方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

失った歯を補う治療法として入れ歯治療は最も手軽で一般的なものですが、お口に合わないものを使い続ければ、痛みが出たり外れやすくなって、よく噛めないといった問題が生じてしまいます。

入れ歯の種類と特徴

金属床義歯(自費)

金属床金属はプラスチックなどと比較すると強度があるため、入れ歯の床を薄くすることができ、熱をよく伝えるので食べ物などの温度や味も感じやすいといった素材の性質上の利点があります。加工もしやすく、お口にぴったりあったものに加工しやすい一方で、床の部分に金属を使用した入れ歯は一度つくってしまうと壊れたときの修理がしにくい、そもそも修理ができないといった面もあります。

ノンクラスプデンチャー(自費) 

ノンクラスプデンチャークラスプという金属のバネを用いず、代わりにナイロン系樹脂を利用した部分入れ歯がノンクラスプデンチャーです。ナイロン系樹脂は軽く柔らかい素材で透明感があり、見た目にも入れ歯を使っているとはまずわかりません。隣接する天然の歯や歯茎への負担も抑えることができます。また、弾力があり強度も保たれていますので、壊れにくいのも大きな特徴として挙げられます。

歯を失った状態を放置しておくリスク

歯痛虫歯や歯周病、外傷などで失った歯は放置してはいけません。歯が抜けていると単に見た目の印象が悪くなってしまうといった問題だけではなく、健康上さまざまな悪影響を及ぼすからです。

例えば、両側の臼歯が何本か抜けたまま放置していると、臼歯が少なくなったことでかみ合わせが低くなる「咬合高位の低下」という現象が生じます。上下の顎が接近し、顔の下半分の部分が若干短くなる現象で、その影響で前歯の上下の当たりがきつくなり、出っ歯になり歯並びが乱れます。歯にとっては負担の大きい過酷な状態であり、後方の歯から順番に抜けていってしまうなど、放置するほどますます事態が悪化していくことが多くあります。結果として顎関節や筋肉に負担がかかるため、痛んだり動きが悪くなったりするケースもあります。

加えて、前から6番目の歯をすなわち第1大臼歯がたった1本なくなっただけで、物を噛みこなす能力(咀嚼効率)は半分に減ってしっかりと噛めなくなってしまう上、発音の際に息が漏れやすくなってサ行やタ行の音がしっかり出しにくくなるといった影響も出ます。

治療で歯を抜いたり、事故で歯を失ってしまった場合は、周辺の歯や日常生活の広範な範囲に問題を起こりやすくなるので、その部分をいかに補うかを真っ先に考える必要があります。

治療法の比較

治療インプラント・ブリッジ・入れ歯といった治療法のそれぞれにメリットとデメリットがあります。そうした特徴を理解し、比較することが最適な治療方法を選択するためには大切です。

インプラント

インプラント天然歯とほぼ同じ咀嚼力に回復でき審美性に優れているのがインプラントです。天然の歯に近い見た目を再現でき、違和感や他の歯への影響はありません。味覚への影響もほぼなく、歯槽骨の吸収を抑制できます。ただ重度歯周病の場合は適応できないケースがあったり、手術が必要になり治療期間も長くなるなど大掛かりな治療なって、保険適用とならないために費用も高くなりがちです。当院では提携病院にご紹介させていただいております。

ブリッジ

ブリッジ噛む力は支えとなる歯の状態で異なりますが、通常、天然歯の6~7割程度まで回復可能で、違和感や味覚への影響も少ないといった特徴があります。外科的治療も必要なく短期間の治療で済みますが、治療には支える歯が必要で、負担がかかったことで支えとなる歯の寿命を縮めることもあり、歯槽骨の吸収は進んでしまう場合があります。被せ物の種類によって保険適用と自費治療があります。

入れ歯

多くの場合外科治療は必要なく、ほとんどの症例に適応可能ですが、噛む力は天然歯よりも大きく低下し、違和感・異物感も比較的強いです。部分入れ歯の場合は金属のバネが目立ってしまう場合もある上、バネをかける歯に負担がかかります。熱・味を感じにくくなり、歯槽骨の吸収が進んでしまうといったデメリットもあります。材質によって保険適用と自費治療があります。