当院での滅菌対策について

滅菌と消毒との違い

steriliza_img_1

通常、歯科医院が使用する治療器具は、診療ごとに消毒、または滅菌が行われます。消毒とは、器具に付着した微生物をあくまで減少させる行為で、滅菌は付着したすべての微生物を死滅させ、無菌状態とすることです。つまり、消毒だけでは器具の滅菌ができないのです。
当院ではオートクレーブを使用することで、徹底した滅菌対策を行っております。

治療器具の滅菌

steriliza_img_2

オートクレーブによる滅菌

オートクレーブとは、内部を飽和蒸気によって高温高圧にする機器のことです。当院では、すべての細菌・ウイルスをオートクレーブで滅菌しています、院内の機材を一つ一つ、丁寧に包装したうえで滅菌を行っているので、安心して治療を受けていただくことができます。

院内感染予防

steriliza_img_3

当院は院内感染予防のため、治療に使用する手袋・エプロン・紙コップは全て使い捨てとなっています。
院内感染予防を徹底し、 安全かつ安心で質の高い医療サービスを提供します。