歯周病の治療

歯周病とは、どんな病気なのか

歯周病とは、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着することによって、細菌が繁殖して炎症が発生し、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされてしまう病気のことです。虫歯と並んで、歯を失う代表的な原因の一つであり、厚生労働省が行った調査によれば、成人(30~64歳)の8割は歯周病に罹患しております。歯周病はもはや国民病であると言っても過言ではないでしょう。

periodontal_img_1

歯周病が口臭に及ぼす影響とは

periodontal_img_2

→揮発性硫化物が原因です。

歯周病を患うことにより、口臭が強くなることがあります。歯周病菌が原因となる口臭の場合、歯周ポケットが形成され歯肉と歯の隙間が深くなり、その深さが4mmを超えてしまうと揮発性硫化物が増加し、これが口臭の原因になると言われています。口臭の改善には歯周病の治療が有効です。

歯周病を進行させないために

→歯磨き(ブラッシング)とメンテナンスで予防を

歯周病は、すぐに発症するわけではありません。何段階かのステージに分かれ徐々に歯周病が歯茎全体に浸透していきます。そのため、早期発見・早期治療が最も重要だと言われます。
歯周病を進行させないために、適切な毎日の歯磨きを十分に行ってください。ただ、歯磨きだけでは限界があり、歯垢を十分に取り除くことは難しいです。当院では歯石除去や定期的なメンテナンスも行っておりますので、是非ご利用ください。

periodontal_img_3
歯磨き(ブラッシング)
periodontal_img_4periodontal_img_5
歯石除去(スケーリング)